読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記書くことについて

はてなブログのブログテーマ作った

このテーマは、色んな人が普通の日記を普通に書いてもらいたいという気持ちを込めて作った。
大学の後輩で素敵な文章を書く子がいて、「こんなふうにみんなが日記を書くと嬉しいな」と思いながらその後輩の日記の文章をはめ込みながらデザインをした。
その文章が、最も美しくて情緒深く見えるように文字の大きさや行間を調節していくと、おのずとこのような体裁になった。
このテーマで日記書いてる人見かけるとすっごく嬉しくなる。

色んな人の色んな考えがかかれた日記をもっともっと読みたいって思うから、今書いていない人も日記始めないかなあと思ってる
去年の4月にブログを始めてみて、日記を書くことは個人的にめちゃめちゃ面白い体験だと思っててお勧めしたいから、なんでそういう風に思うかをいくつか挙げてみる


自由に書ける

twitterfacebookだと個人の私生活に興味があろうとなかろうと自分をフォローしてくれてる人全員に見られる可能性があるのが恥ずかしい感じがする。
だけどブログは、見に行かないと見れないから、感じたことを自由に書ける気がする。
あとやはりtwitterは短い文しか書けないから一日を振り返る、とかには向いてないと思う。

振り返られる

「●月にイベントに行った」みたいな事実は忘れないが、イベント行って感じたこととか、食べたものはどういう味がしたかとかとかは案外忘れてしまうのではないかと思う。
実際昔の日記見てみると「こんなこと書いたっけ?」ってなってとても面白いし、そこで新たな発見があったりする。
せっかく感動したことを忘れてしまうのはなんだか勿体ない気がする。

知らない人に見てもらえる

普通に生活してると自分に近いような限られた人としか関わらなかったりするのだけれど、日記書いてると思いもよらぬ人からメッセージが来たりする。
コメントを見て「こういう考え方もあるのか」と勉強になったりする。
知らない人が日記読んではてなスターを残してくれたりするのもめちゃめちゃ嬉しい。
それから私の場合だと、日記見て興味持ってくれた人から連絡が来たことがあったのだけれど、その人は以前から一度会ってみたいなーと思っていた人だったのでめちゃめちゃ嬉しかった。
日記書いてたからこそ会えた人が何人かいる

人となりが分かってもらえる

あと、日記書いてると信頼に繋がるっていうのがある。良いこと書いてる人がいきなり邪悪なことするとは考えにくい、とか色々想像できて、長期的にみて信頼貯金が貯まっていく。信頼を貯めるメリットは、誰かと何か作ったり仕事とかするときに有効で、一緒に仕事する人の日記がおもしろかったら、信頼できる人だし仕事しやすくて楽しい。何考えてるか分からない人とは仕事しづらいと思う。

なんで日記書いたほうがいいか - MEMOGRAPHIX

この人のこの記事にも書いてあるのだけれど、日記書いてると信頼に繋がる面もあると思う。
私は話すの苦手だから、考えていることをうまく伝えられない。
けれども日記書いてたら普段何を考えてて何を重要に思ってるかみたいなのを多少は理解してもらえると思う。
わたしの日記を見て「一緒に仕事しませんか?」とか「オフィスに遊びに来ませんか?」みたいなメッセージ来たこともある。
どういう人なのか全然分からない人に突然こういうメッセージが来るのというのはあまりないと思う





ブログ、始める前は重要なことを書かなくてはならないと思ってたのだけれど、べつに誰かが読んで得するようなことなんて書かなくていいと思う
私みたいに他人の日記読むのが好きな人けっこうたくさんいると思ってて、そういう人が喜ぶだけでじゅうぶん書く意味があると思う。
なので日記やブログが少しでも気になっている人がいれば、この記事を見たのも何かの縁だと思って始めてみて欲しい。








それからspecial thanks うめちゃん、いくちゃん
(2人の日記がなければ、きっとこのテーマはできなかったと思う)