読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坦々ポテサラという暴力について

ポテトサラダが大好きだ。ジャンルを問わず、あらゆる居酒屋に置かれている。オーソドックスな大衆居酒屋から、ちょっとこじゃれたビアホールまでカバーする。そのカバー力の高さは、ギャル系からナチュラル系まであらゆる系統の女性から好かれるきれいめカジュアルファッションの男か!と言いたくなる(※独断と偏見です)。マヨネーズをふんだんに使ったがっつり系のものがあれば、いもの素材の味を生かしたものまで。専門店では、あつあつにマッシュされた芋とともにそれぞれの得意分野がボウルに突っ込まれている。和知みたいな燻製屋さんでは、燻製ベーコンを使った香り高いポテサラが。おでんやさんであるだるまときんぎょでは、おでんの旨味たっぷりのだしに漬かったじゃがいもとたまごを使って作られるポテサラが。

専門店が表すものは味だけではない。ビニールシートに覆われたニュー大文字では、大衆居酒屋らしく景気良く高く積まれたものが出される。
そしてわたしには、そんな素敵なお店のどこに行っても同じように唱える呪文がある。

「生ビールとポテトサラダ、とりあえず以上で」


それから担々麺が大好きだ。餃子や麻婆豆腐には白ごはんが欲しくなるが、担々麺なら一皿でオールオッケー。人数が多い方が楽しい中華だけど、担々麺なら一人でも楽しめる。スープを全部飲むのは大変だけれど、スープの底に沈んだひき肉がおいしくてついつい何度もすくってしまう。気がつけば全て飲み干していて、お腹がいっぱいで動けなくなってしまう。でも担々麺なら大丈夫。スープの気分じゃないときには「汁なし」という選択肢。担々麺にだけ使われるこの「汁なし」という表現が、なんだか可笑しい感じがして好きだ。

寒さもひとしおになる今日この頃だけど、凍えそうな夜にこそ辛くてあたたかな担々麺をすすろう。山椒がとびきり効いた駱駝の本格担々麺で思い切り汗をかくのもいいし、コクが強いものが良ければ万豚記の一面黒ごまの担々麺を食べてもいい。麺を味わいたければ、煌力でスパイスと絡めた汁なし担々麺を食べる。


そして出会いは唐突だった。なんの気なしに「餃子食べたい餃子〜」とブラブラと向かったのはタイガー餃子である。行きたいと思いつつ、行けてなかった店のひとつだ。チャオチャオ餃子のような変わり種餃子かな? それとも杏っ子のような鉄鍋で行儀よく出てくるもの? はたまた餃子王のような皮がもちもちなのもいいなぁ…なんて想像を巡らせながらメニューを開くと奴は居た。普通のポテトサラダの横に「坦々ポテトサラダ」なる文字が踊っていた。このときの衝撃よ……。冒頭でポテサラは和にも洋にも合うと言ったが、まさかの中華である。わたしにとっての大好物をこんな暴力的に掛け合わせてしまって……。
そんな、ざわざわとした気持ちのところにやってきたのがこれである。

f:id:yulily100:20161221015409j:plain

ど、、どひゃー!!!
ポ、ポテサラ見えねえ・・・!


ポテサラを覆い隠すように「坦々」が乗っている。しかもこんなにたくさん……! 弾むような気持ちで自分の皿に取る。食べる。山椒がしっかり効いたひき肉としゃきしゃきのネギが、まろやかで甘めに作られたポテサラと良く合う!! なかなかガツンとした辛さであり、ビールとの相性は抜群。担々麺そのものは酒のつまみにしづらいが、これなら何杯だっていける。なんてこった、また新しいおいしいものを見つけてしまった……。餃子を食べにきたのに坦々ポテサラにしてやられた。坦々ポテサラに打ちひしがれる気持ちと、まだまだおいしいものが世の中にはたくさんあるんだなあという喜びを持って家に帰ったのだった。



……何を言いたいかだんだんわからなくなってきたけど、タイガー餃子の坦々ポテトサラダがおいしかったのでおすすめです。タイガー餃子は京都のお店というわけではなくチェーン店です。東京にもあるようですね。そしてこの記事は、はてなスタッフアドベントカレンダーの22日目で、お題は「好きなもの」でした。私は特別好きなものというのが無いので無難に好きな食べ物の話をしました。
昨日はid:rikoさんの「八木新宮線にまた乗ってきました - 汎インターネットピクニック日記」でした。明日はid:motemenさんです。


タイガー餃子会舘 | 際コーポレーション