読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前をつけてやる!

スピッツに、あんにゅいな猫がジャケットになっている「名前をつけてやる」っていうアルバムがある。このアルバムに入っている「名前をつけてやる」っていう曲ががすごく好きだ。ことばをころころ転がすような歌詞がいい。それで、この曲が原因かはわからないけど、名前をつけてやる!って言いたくなることがある。人に対してなのかモノに対してなのか。それとも気持ちとか触感みたいに、目に見えないものに対してなのか。名前をつけるのはなんだか儀式のような行為である。不確定なものは、不確定だから扱うのがむずかしいけど、名前をつけると輪郭が見えるようになる。誰かに何かを伝えるとき、名前がついていないことを伝えるのは難しい。いいことばかりかと言われると、そうでもないかもしれない。ぼんやりとしているからいいこともある。幸せだとか嬉しいとかいうきもちは、ぼんやりふわふわとしているのに、この感じには四文字の名前しかついていない。四文字を唱えるあいだにほんとに伝えたかったぶんの少しは減っているんじゃないか。それから、一度定義してしまうとその呪縛から逃れにくくなる。花を活けるための道具には「花瓶」という名前がついているけど、花瓶という名前に惑わされて、部屋に花を飾るのには何か筒状のものが必要な気がしてくる。ほんとうは花のある良い空間が作れればなんでもいいはずなのに。そういうわけで、名前をつけるのはちょっと呪いに似ているのかもしれない。だから、名前をつけてやる!っていうのはなんだか力強くて緊張感のある言葉だと思う。そしてわたしはそういう気持ちになることがある。


名前をつけてやる

名前をつけてやる

アルバムのネコ


これはなんの関係もないけどこないだ見かけたあんにゅいなネコ