読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーラーメン、それはオカンが土曜日に作る簡単な昼食のような存在である

チームの後輩が頻繁に行っている店がある。週に一度は行っているような気がする。なんならチームのメンバーも連れてよく行っている。よくよく聞いてみると「カレーラーメンの店」だと言う。

ほほう、カレーラーメンとな。

調べてみると「ひゃくてんまんてん」という名前のお店だった。三条通りにあって、のれんだけは見かけたことがあったが、入ったことはなかった。

まあ一度くらい、ということで早速行ってみることにした。職場からは徒歩5分ほどで、お昼休みにちょっと出るのにも最適だ。
のれんをくぐって二階へと続く階段を登る。内装はなかなか渋い。学生街に古くからある食堂のような面持ち。
だが悪くない。いやむしろ、わたしはこの年季の入った感じが大好物である。

メニューを見る。
平日昼のランチメニューには「カレーラーメン、ミニカレー付き」という文字が見えた気もするが、とりあえず気にしないでおこう。
カレーラーメン」を頼むため、定員のおばちゃんを呼ぶ。老夫婦が切り盛りしている店、というのもなんとも良い。
そして、そわそわとした気持ちやってきたのが、これだ。


おお。まあまあ予想通り。スープがカレーのラーメンである。ネギはキラキラしていて、彩りのために添えられたようなものではなくしっかりとしている。
さっそく麺をすする。
うまい! だが、飛び上がるほどおいしいというわけでもない。
熱いスープを冷ましながら食べ進める。
ふうん、まあ、おいしいんじゃないの……?
そんなふうに思いつつもスープをすべて飲み干していた。


決して脳にガツンと来る感じではない。「ここでないと食べられない!」と思わせるような尖った個性もない。
しかしながら単調で平凡というわけでもない。スパイスの具合が絶妙で、後味がほんのりピリッとする。
最後まで飽きずに楽しく食べられること、来週もまた食べたいと思わせること。
その両方のバランスが、なんというか絶妙なのである。

この感じ、今までの人生にも経験したことがある気がする。
あ、あれだ。
オカンが土曜日に作る簡単な昼食のようなやつだ。
うどんとかインスタントラーメンとか、チャーハン的なあれ。
レストランで出されるようなとびきりおいしいものではないけれども、わたしは土曜日の昼食が大好きだった。たとえ前の週がうどんだったとしても、残り物の具材なんかを突っ込んだ「今週のうどん」は嬉しいものだ。


そうして気がつくと、カレーラーメンが食べたくなっている。
三月後半の二週間では三度も行ってしまった。
行列して食べるものではないし、ものすごくおいしいものを期待して行く店ではない。
けれど、食べた瞬間に「これこれ」と安心してしまう。
これが「ひゃくてんまんてん」のカレーラーメンである。


カレーとラーメンのひゃくてんまんてん
ひゃくてんまんてんの食べログ

ほかの食べ物記事

yulily100.hatenablog.jp