読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年に聞いた曲

音楽

2014年も終わるので、今年よく聞いた曲を振り返ってみる。2014年の新譜でなければ、ランキングでもない。すごく個人的な記録。わたしの記憶の中の、時系列に並んでいる。

恋する汽車ポッポ / 大滝詠一

アーリー大瀧詠一

アーリー大瀧詠一

スロウライダー / サニーデイサービス

スロウライダー

スロウライダー

ウーン、なんというか、いきなり2014っぽさは全然ないんだけどさ・・・。往年の名曲って感じなんだけどさ。2014年のはじめはよく、ドライブなんてものをしていた。この2曲は、ドライブに似合いそうなさわやかな曲。何年たっても、このへんの曲を聴くと、2014年のことを思い出すんだろうね。

pale machine / bo en

これはアルバム。bo enお手製のフェルトケース入りアルバムがはるばる海を越えてやって大喜びしてた。お手紙とか入ってて、たいそうびっくりした。音色が好きで、よく聞いてた。大阪のCONPASSでのライブも行った。
f:id:yulily100:20141230182849j:plain

ナマで踊ろう / 坂本慎太郎

ナマで踊ろう(通常盤)

ナマで踊ろう(通常盤)

これもアルバム。ZEST御池のレコード市のタワレコの出店で買った。ポスターついてたけど不気味で貼れずに、大切に保管してある。シリアスっぽいのにどこかトロピカル。前作の「幻とのつきあい方」また違った感じ。「あなたもロボットになれる」って曲が好き。

あなたは煙草 私はシャボン玉 / LovelySummer

ラブリーサマーちゃん。一時期、延々とラブサマちゃんばかり聴いてた。ほかの曲は、18歳っぽくて初々しい感じなのに、この曲だけは艶っぽいな、って思ってた。


ラブサマちゃんといえば、これもよく聞いてた。マルチネの「TOKYO」というイベントがフィーチャーされたような曲。アンセム的な存在としてtofubeatsとかbo enが出てくる。今の18歳はそういう感じなのかーと思いつつ、5つ上の年の人をアンセムとして捉えるっていうのはそんなもんなのかもしれない。「instagramで良く見る、自撮りがとっても可愛いあの子がダンスフロアではしゃいでる!」っていう歌詞も、なんだかシュチュエーションが思い描けてぐっとくる。

カザミドリ / 北園みなみ


ano(t)raksのLight Wave ‘14 (Vol​.​1)の中に入ってた曲。おしゃれで、ポップで、びっくりしてしまった。ano(t)raksは大好きで、よく追いかけている。秋に出たアルバムももちろん買った。これもすごくよくて、頻繁に聴いている。

promenade

promenade

瞬間 / 王舟

メトロで見て、なんておしゃれな曲なんだ、って思った曲。王舟は「Thailand」が有名なのかな。夏にアルバム発売されて、すぐさま買った。

Wang

Wang

ネトカノ / Sugar's Campaign


Sugar's Campaign 『ネトカノ』 (Official Video) - YouTube
今更感あるんだけどさ・・・。7インチとCDがようやく発売されたのが2014年。会社のインターン生を連れて、CDを買いに行った覚えがある。リリパも行った。永遠のアンセムという感じ。

ネトカノ

ネトカノ

さち子 / Lamp


Lamp 「さち子」 M.V. - YouTube
このyoutubeを一目見て、胸を打たれたような感じになった。こんなに美しい曲があってよいのか、という気分だった。「さち子」が入ってるアルバムの「シンフォニー」という曲もすごく良い。

ゆめ

ゆめ

コーヒーゼリー / Hi,how are you?

クリスマスに発売された「にこいち白書」の一曲。入りの女声ボーカルとか、ピアニカとか聞いてるとたまらなくなる。Hi,how are you?のアルバムは、すてきな歌詞が揃っている。

にこいち白書

にこいち白書


2年前の同じ日にも、同じようなことをやっていた。去年はあまり聞いてなかったから、やってなかったんだけど。こう見ると、今も昔も聞いてるものは一緒だなあ。洋楽は全然聴けていない。洋楽って、どうやって追うとイイんでしょうか。




日常的に聴いてる曲は、「再生中の曲を紹介する交換日記」にためてる。

#nowplaying


来年は、もっと音楽聴きたい。