読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロトタイピング用のノートを買った

日常 デザイン

注文してたプロトタイピングノートが届いた
好きなデザイナーであるfladdictさんが作成したやつ


f:id:yulily100:20131127001249j:plain:h400
アプリのプロトタイピング用ノートを作成しました | fladdict





原寸大のiPhoneの絵が印刷されていて、これを使えばペーパープロトタイプが簡単に作れる
一冊500円で買えるけど、送料1000円くらいする


サイズ通りに線引いて、印刷してそれをコピーすれば同じもの手に入るのに、なぜわざわざ買うのか?って思われるかもしれないけど、このノートの良いところは美しく配置されて美しくパッケージングされているところである。

このへんはおまじないみたいな話になってくるんだけど、いいものを作りたい!って思うならそのへんの物件とかの情報が書かれたチラシの裏に書くよりかは、美しくデザインされたものに書くほうが、気持ちの面で良い感じがする
「いいものを使えばいいものができる気がする」みたいな、たとえそれが思い込みだったとしても、作るものに愛情を込めることができるのは良いことだ




それから、私の好きな「誰のためのデザイン?」という本で、筆者のD・Aノーマンが「いいデザインのものがあればちょっと高くてちょっと手間がかかっても、買って支援するべきだ」って言ってたので、その真似をしたいと思っている部分もある。

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

便利なノートが欲しいんじゃなくて、
デザイン界隈を良くしたいからプロトタイピング用のノートを作る、という活動そのものを支援したいから買うという感じ

私が贅沢をちょっと我慢してでもこういう活動をしてる人にお金が入ることで、世の中のデザイン事情が1ミリでも良くなればいいと思う