客寄せパンダ

新宿にある夫の実家で目覚める。人のおうちってなんだかいいな。いつもと違うおふとんの肌触り。毛布がふわふわで、いい香りがして、いつまでも眠っていたくなる。窓からは富士山が見えるけど、もうすぐマンションがたっちゃうらしい。都会の景色はどんどん変わっていっちゃうんだな。それにしても、まさかじぶんが東京に帰省することになるなんてな。

それから上野動物園へ。上野駅はあたりが一面パンダ、パンダ、パンダ。客寄せパンダって、まさにこのことなんだな。それから、赤ちゃんパンダの<シャンシャン>には選ばれしものしか会えないらしい。けど、お父さんにはお目にかかれました。パンダって不思議だな。ごろんとしながらごはんを食べたり、こだわりが強かったり。野生っぽくないんだもの。野生じゃないけど。

夫が同窓会に行ってしまったので、喫茶室ルノワールでこの日記を書いています。夜行バスで京都に帰るよ。

富士の元日

朝の新幹線に乗って東京に向かう。ふだん出張で使うのはスーツのおじさんばかりなのに、子供の声ががやがやとしている。富士が見えると、みんなして写真を撮り始める。わたしも同じように撮る。二〇一八年年、元旦の富士。おめでたいね。おめでとうございます。

結婚したものですから、正月は夫の実家のある東京で過ごすことになるらしい。三十人くらい、親戚で集まるところにわたしも加わった。お正月にちょっとこぎれいなレストランに行くと、家族でたくさん集まっていることがあるでしょう。まさにあの感じなのです。親戚家族と話すの、なんだか新鮮だな。子どもたちとトランプで遊んだ。そうか、わたしはあの子たちの叔母なんだな。

きょうは、そうだね。りんごとテールスープがおいしかった。

2017年の映画と本

映画

愛のむきだし

愛のむきだし

4時間あったとは思えない爽快感。しびれる、という表現がとても良く似合う。叫んでる満島ひかりさん、男!死ね!って言って殴る満島ひかりさん、セーラー服で踊る満島ひかりさん、どれも最高。ゆらゆら帝国の「美しい」のイントロがまたかっこいいんだよな。


パッチギ!

パッチギ!

1968年の京都が舞台。ザ・フォーク・クルセダーズの音楽が全編に渡って流れる。映画「この世界の片隅に」を見たあとだったので「悲しくてやりきれない」が身に染みた。今はないけど高校時代(2007年くらい)にはあったピンク映画館が写っていて懐かしかった。京大西部講堂での学生運動のシーンがあったりして、近所に住んでるじーちゃんはこの時代の京都に生きていたんだな、て思うと感慨深かった。

断片的なものの社会学

断片的なものの社会学

愛おしい一冊。マイノリティの対義語はマジョリティではなくて、「自分がマジョリティであることを意識したことのない人」なんだな。2017年はこの本に出会えてよかった。


たとえる技術

たとえる技術

大好き!せきしろさん。文章ってやっぱりおもしろいものだよな。日常にある何でもないことの捉え方が変わってくる。kindleで読んだけど、良すぎて紙も買いました。


これもまた日常のあらゆるものに対する捉え方が変わってきてすてきだ。身近なものを観察したくなる。


これだけ漫画です。知らないことを知るに対話するしかないんだな、とあらためて思った。愛おしいので紙で買って置いておきたいな。

海と山を渡って。

f:id:yulily100:20171230184205j:plain

自転車と青春18きっぷを持って、電車に乗った。尾道からスタートして、道後、別府、阿蘇へと渡った。お湯をたくさん浴びた。なんだか日常に疲れているような気がしていたけど、そんなことはどうでもよくなった。尾道から島が幾重にも重なって見えるのと、伯方島の海の色と、八幡浜の緑色のクレヨンで描いたような山と、阿蘇スカイラインの夢みたいな風景。すてきだった。あれはいいね。海と山の町。

クリスマスに出発したのに、京都に帰ってくるとあたり一面が年の瀬の様子。道行く人々がキラキラと「良いお年を!」なんて叫んでる。四条河原町で自転車を組み立てていると大学の友人にたまたま会って、家を買った!と報告されたのも可笑しかった。家につくと、すっごく散らかっていて気持ちが沈んでいることに気がついた。そうか、わたしは家の整っていなさに落ち込んでいたんだな。今日は一日部屋の片付けをした。

ところで、「良いお年を」ってどういう意味なんでしょう。今年の残りの時間をすてきに過ごしてね、ってことなのか。それとも来年一年すてきになりますように、ということなのか。よくわかっていないけど、なんだか祈りのことばのようで好きなんだな。

贈り物にシュトーレンを。


普段どおり仕事から家に帰ってくると、玄関には袋が掛かっていた。名刺と手紙が添えられていた。その前日に仕事で会った人からだった。中身はシュトーレン。その日は十一月の末で、すこし早いクリスマスプレゼントだな、と思った。袋がかかっているのも靴下っぽいでしょ。
それから毎日うすーく切って食べていた。無意識にやっていたことだけど、どうやらシュトーレンとはそういうものらしい。クリスマスまでのアドベントなんだって。すこしスライスしてはクリスマスに思いを馳せる。素敵だよね。てっきりお菓子をもらったものだと思っていたけど、クリスマスを楽しみに思う時間をプレゼントしてくれた、ということでしょう。ああ素敵だ。もし来年のクリスマスの前に何かプレゼントすることがあれば、シュトーレンにしよう。粋な大人の贈り物。