歩いて通勤してみることにした #きょうの京都

ずんと重くなった体を、なんとか軽くしようとするものの、なかなかどうして痩せられない。
見かねた夫が、歩いて会社に行くことを提案する。
なるほど、わざわざ特別な時間を作らずとも、毎日の移動を使えばいいんだ、と。

ラッキーなことに、わたしの通勤経路には鴨川がある。これはいいぞ。
亀の甲羅の形をした石を、ぴょんぴょんと飛び越えていったら会社につくんだから。

川が青く光る。
サギが一箇所に群れている。
鴨が地面の草をついばみながら横切っていく。
階段を登って、御池通りからふと北のほうを見ると、山々がすこしきりりとして見える。
この解像度はやはり、このくらいの寒さならでは。

歩いてみてわかったことは、いつもより時間の密度が濃くなること。
するりするりとすり抜けて行く風景の、ディティールの部分まで見えるようになる。
これまで散歩の楽しみ方がわからなかったけど、こんなふうにすればいいんだ。

27歳は「読む」と「書く」一年にしたい

27歳になった。
これまでの誕生日というと、そわそわとするものだった。
なんなら一ヶ月ぐらい前から意識するし、一週間前なんてもう大変。
誕生日に予定が入っていなければ本気で落ち込むのでわざわざ実家に帰っちゃう。
TODOリストに「誕生日のブログを書く」なんて入れちゃう。
一年で一番のイベントだったんですね。

それが今年は、なんというか普通の日。
「おっ、来たな」くらいの。
あっ、シャンプーなくなっちゃったな、買わなくちゃ、くらいの。

自分の中で何かかわったのかしら。
そういえば、コンプレックスに感じていたことがどうでもよくなっていることに気がついたし、
漠然とした悩みごとが減った。
結婚したことが大きいのかな。
どんな自分であっても受け入れてくれる人がいる、という安心感か。
そんなわけで、今年の誕生日はなんとなくやってきた。


あとから辿れるように26歳のことを振り返っておく。

26歳のこと

社会人になってからずっと、ずーっと忙しくしすぎていたのだけれど、
26歳はかなりゆっくり過ごしていました。
それから結婚をした。

たくさん文章を書いた

週に2回くらいで、文章を書くようになった。
うまくいかなかったり、うまくいったり、いかなかったり。
難しいけどたのしいね。1月くらいからずっと続けているけど、いつだって背筋を伸ばすような気持ち。
あれ、それにしてはちょっと上達しなさすぎかな。

今までとは違ったタイプの娯楽に触れてみた

Switchを買ってみたりアイドルのコンサートに行ってみたり。
一時期(といっても一ヶ月くらいか…)ゲームに夢中になっていたのだけれど、
急にどうでもよくなって、最近はぜんぜん。
何か一つのことに夢中になり続けるのが苦手だというのがわかったし、
作る娯楽のが好きだということもわかった。

27歳のこと

もっと幅のある文章を書きたいんだけど、それには、経験していることが少なすぎる。
たくさんの生活や感じ方をストックする年にしたい。

本を読む

今まで実用書っぽいものを読むことが多かったけど、ジャンルを広げていきたいな。
文学だったり、社会学だったり、哲学だったり。
雑誌を読むのもいいかもしれない。

ブログをもっと書く

当たり前だけど、文章って書かないと上達しないんですね。
週2くらいで文章を書くようになってみて、特定の一種類でもダメなのだな、とも感じている。
たとえ短くとも、この日!というのをちゃんと決めて、徐々に増やしていきたい。


このブログを書くために、今まで書いたのを振り返ると、
ちゃんと積み重なっているのがわかって、自分で言うのもなんだけど、感動する。
一年後のわたしはどうなっているんでしょうか。

yulily100.hatenablog.jp
yulily100.hatenablog.jp
yulily100.hatenablog.jp
yulily100.hatenablog.jp

結婚した

文化の日
両家顔合わせということで、行ってみたかった料亭で食事をした。
お互いの親に証人の欄を埋めてもらった。
親を見送って、その日のうちに役所に向かった。
タクシーのおっちゃんに「婚姻届を出しに行くんです」と言うと、
「それはそれは、おめでとうございます!」と言われたのが嬉しかった。


結婚の決め手は?なんて聞かれるけど、これが難しい。
ご飯を作りながら変な踊りを踊ったり、
二人にしか通じないことばで会話してみたり、
東京出身の彼に「551の豚まんがあるとき〜!」って言ってキョトンとされたり、
へたな演奏でコピーバンドやったりする、
そういう日常を愛しているからで。
それは「一緒にいて楽しいから」という、月並みな答えになってしまって、
求められているようなかっこいい答えができない。

最近ではなんというか、自分がもう一人いるかのような感覚になっている。
自分を大切にするのは当たり前だし、
苦しんでいるときは少しでも早くやわらげたいし、
幸せにしてあげたいし。
そんな感じで、これといった理由はなく、夫婦になった。

まあでも、一つあげるとするとすると、
この人の元に生まれる子供はきっと幸せだろうな、と思ったからかな。

生まれてきて、親に育ててもらって、ひとりで暮らせるようになるまでが第一章とするなら、
別の誰かと一緒に生きていくのが、第二章のはじまり。(と、わたしは思っている)
人生の第二章、いいじゃないですか。ふたりでゆっくりと歩いてゆくんだ。

団地とwebサービスは同じかもしれない。

先週の金曜日、「団地図解」という本の出版イベントに行ってきた。
本に取り上げられている千里ニュータウンを紹介しながら、団地を読み解いていく。
サブカルチャーやノスタルジー的なコンテンツとしてではなく、建築や都市計画の文脈の団地。


千里ニュータウンと団地

全然知らなかったんですけど、千里ニュータウンというのはいくつかの団地が集まってできているんですね。
そのうちのひとつである千里青山台団地。
ここは丘陵を切り崩してできた切り開いてできたから、すっごく高低差のある場所。

素人目線で考えると、斜めの部分に建てたくないじゃないですか。なんというか、すごく難しそうだし…。
地面を平らにすることばかり考えると思うんですね。
けどこの団地では建物のほうを工夫した。
ピロティやポイントハウスといった、傾斜に建てられる住棟を選んだ。

それはなぜか?
ハイテク重機のない時代で、丘を平らにするのにすごくお金がかかってしまうのもあったんだけど、できるだけ元の自然を残そうとしたから。
そして工夫の末できたのは、緑と団地がゆるやかなスロープ状に広がる豊かなランドスケープ
それはそれは気持ちの良い風景。すこし写真を見ただけでも素敵だなあと思える場所。
いちど行ってみたくてたまらなくなった。特に目的はなくとも。


たぶん、ふつうに作ったら建築なら建築、土木なら土木だけで独立した作りになったのでしょう。
そうならなかったのは、すべての要素を踏まえて全体を見渡す役割の人がいたから。
地形や建築方法などの制約のなかに彼らの工夫が読み取れるから、団地はおもしろい。(団地係と言って、当時のエースだったんだって。)


しっかし、何万人もの暮らしをデザインするって、どういうことなんだろうね…。
この時代みたく一気に人口が増えることって、もうないのかもしれないけれど。
(当時の映像も見せてもらったんだけど、あまりにも夢が詰まりすぎていて泣きそうになった。笑)


ちなみにだけど、わたしは団地育ち。
生まれてこのかた、無作為に建物が並べられているのだと思い込んでいたけれど、そうではないんだな。
すべての棟が南を向いていて、歩行者と車の分離がされていて、団地のあちこちに広場がある。そうなっている意味すら考えたことがなかったけれど、あれはすみずみまでデザインされたものだったんだ。

団地とインターネット

人々がいて、たくさんの制約のなかでサービスを提供できるよう計画すること。
その考え方は団地だけの話かと思いきや、ほかにも共通する部分がある。
たとえば、普段わたしが仕事として携わっているwebサービスだってそう。
人々がいて、デバイスや人件費といったあらゆる制約のなかで、サービスを提供できる場をインターネット上につくる。
点ではなく線や面の考え方で、人々の体験を作っていく。
IT系の人は、ついついパソコンの中で起こっていることだけで考えがちだけど、実はもっと別の分野に学べるところがあるんじゃないか。
それこそ団地なんて半世紀前に国をあげて試行錯誤されたものでしょう。それを使わないなんて、なんだか勿体ないな、なんて。

団地図解: 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考

団地図解: 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考

余談だけど、このイベントを取りまとめていたのは大学の先輩。
IT系の仕事に進んで、もう建築や都市に関わることはないと思っていたから、まさかこんな形で会うとは!
大学時代にほんのすこしだけ学んだ建築が今になって役立つようになっていて、なんというか、人生はまだまだわからない。

夏の夕方が好きになった #きょうの京都

八月ど真ん中の昼下がりには、一歩だって外に出たくない。
二階のエアコンをガンガンに効かせて、パソコンをちらちらと眺めながらじーっとしている。
18時くらいになると、もうすぐ一日が終わってしまうと焦り始める。
一日外に出ていない罪悪感から、ちょっと体を動かそうとランニングウェアに着替える。
外に出てみると、すこしだけ涼しい。
のろのろと、歩くよりは少し速いくらいのペースで鴨川につく。

f:id:yulily100:20170801184518j:plain

夏の夕方って、こんな顔をしているんだ。

f:id:yulily100:20170806184848j:plain

京都の夏はもう八度目になるのに、こんな風景があるなんて知らなかった。
なんとなくもう、京都のこと知り尽くしたつもりでいるけど、まだまだ知らないことだらけだ。
今年は一つ、好きなものが増えた。だから今年はいい夏だった。



今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏