御手洗祭には何度でも行きたい #きょうの京都

七月は祭りに忙しい。まずは祇園祭でしょう。
六月三十日に水無月を食べたら、その次の日からまる一ヶ月間お祭りムード。
デパートのBGMまでがコンチキチンの音になる。
宵山山鉾巡行は言わずもがな。一大イベント。


ちょっとニッチなところで出町桝形商店街の七夕祭り。
これは小さなお祭り。
近所のおっちゃんなんかがホットプレートでフランクフルトを焼いている。
そんなアットホームな雰囲気だけれど、商店街はギュウギュウになるくらい人が集まる。


そして最後に下鴨神社の御手洗祭。
下鴨神社の中にある小さな川を歩いて、ろうそくを灯して、神水を飲む。
わたしはこのお祭りが大好きで大好きで、大学三年生の頃から毎年欠かさず来ている。

f:id:yulily100:20170730232254j:plain

夜に来ると、提灯やろうそくがなんともいいムード。
見た目の何倍も冷たい水にキャアキャア言いながら川を渡る。
ろうそく、消えちゃわないようにね。



ふだんは大行列のふたばの豆餅が買えちゃったりして。
あとで買おうって思ってたら売り切れちゃったんだけどね。



それから糺ノ森にも屋台がずらりと。
出る日と出ない日があって、わたしは屋台の賑わいが大好きだから、出てる日を狙って来る。



これが夜の御手洗祭。
けど、御手洗祭は朝に行くのもいいもんだ。



平日の朝、ちょっと早起きして下鴨神社に向かう。
御手洗祭の朝は早くて、なんと五時半から始まる。
そこまでは早くは起きれないから、八時くらいに行ったんですけど…。



夜の賑わいとはがらんと変わって、人が少なくてゆったりとした空気。
この日はデルタから大文字山が綺麗に見えて、その景色もたまらなく良かった。
きっと来年もその次も、来ちゃうんだろうな。きっと。

山鉾を見て回るのは宵々々山がいちばんいい #きょうの京都

金曜日。仕事が終わったその足で街へと繰り出す。
きょうは祇園祭の宵々々山。山鉾巡行の三日前。
山鉾は出るが烏丸通りの歩行者天国はない。
華やかな露店の賑わいを楽しむのもいいけれど、この宵々々山の、まだまだ人の少ない祇園祭を歩くのが好きだ。

f:id:yulily100:20170714213921j:plain
f:id:yulily100:20170714214551j:plain

人が少ないと山鉾をじっくりと見て回れる。
ちょうちんの柄なんかを見ていると、どれも違ったふうで楽しい。
菊水鉾。半分の菊に波打っているような紋。赤字に青という配色がまたしびれる。

f:id:yulily100:20170714215420j:plain
f:id:yulily100:20170714215442j:plain

放下鉾は、遠目に見ると幾何学的な模様に見える。
すはま紋というそうで、近くで見るとまるまるっとしている。

f:id:yulily100:20170714220148j:plain

四条傘鉾はそのまま「傘」の字。

f:id:yulily100:20170714220706j:plain
f:id:yulily100:20170714220801j:plain

なんともかわいい蟷螂山のかまきり。
いつの時代の、どんな人がデザインしたのかな。
カマをまあるく収めたすばらしいデザイン。

f:id:yulily100:20170714203939j:plain

露店は出ていないけれど、店先にはたくさんの食べ物が売られる。
去年は売り切れて買えなかった、膳處漢ぽっちりのしみだれ豚まんも、少し並ぶと買えた。
これがおいしいんだよな。次の日も食べちゃった。


宵々々山は、山鉾の造形を楽しむにはいちばんいい日だ。
ビールとおいしいものがあるのに、一方通行も人混みもない。
だんだんと夜が更けてくると、ちまきを売る人たちもいなくなり、山鉾だけがぽつんとあって、そういうのを眺めるのもいい。
浴衣に下駄もいいけれど、この日だけはどこまでも歩けるスニーカーで。

鴨川から見える稜線が好きだ #きょうの京都

いまは梅雨で、土日は大雨が降った。京都らしいむわっとした湿気がめちゃくちゃ暑い。
いつもと同じように重たい自転車を漕ぐ。
橋を渡り始める。真ん中あたりで立ち止まる。
北に見える山の稜線が重なって見えて、それぞれが少しずつ違った色をしている。

わたしはこの線と青い色が大好きだ。
夏至を過ぎて少しずつ日が短くなってきた。毎日同じような時間に帰っているのに、景色は少しずつ暗くなっていく。

自転車と止めて、リュックからカメラを取り出し山に向けて構える。その瞬間に強い風が吹く。
なまぬるい空気に強い風、と来ただけでたまらないのに、加えてサックスを練習する音なんかが聞こえてくる。

ああもう、どうしろっていうの。
何度となく見ている景色なのに、いつまでも体験は強烈なんだ。

友達が遊びに来てくれたので手巻き寿司をしたよ!

友達カップルが家に遊びに来てくれたので手巻き寿司をしたよ!

食べたい具材を適当に買ってくるだけでOK。
今回はお刺し身盛り合わせ、錦市場のだし巻き卵、粒うに、いくら、きゅうり、しそ、ツナなど。
米炊いて具材を切るだけなのでめっちゃ簡単。だけどめっちゃおいしいし楽しい!

そのあとはSwitchで遊んだり、何時間もボードゲームをしたり。
子供みたいな一日だけどこういうのもいいな。ゲームでわいわいするのはいくつになっても楽しい。


近くに気軽に遊べる友達が住んでるのも嬉しいなー。

20年ぶりにゲームをやろうと思ってSwitchを買ったものの、買う時点でスポーツだった

WiiUスプラトゥーンを楽しそうに遊ぶ友人たちを横目に、Switch版が出たらわたしも遊んでみたいなあと思っていた。一方で、ゲームに夢中になれるのかは懐疑的だった。
わたしが最後にしっかりと遊んだテレビゲームは小学生時代の初代PlayStationで、かれこれ20年くらい前。果たしておとなになった今でも楽しいのだろうか?

けどけど、ふたりで暮らし始めたんだから、ふたりで遊べるゲームがあってもいいんじゃない?
それにわたしデザイナーだし。人を楽しませる仕事をしているのなら、エンタメの王道であるところのNintendoのゲームくらいやらないといけないんじゃない?

そんな都合のいいことをふわふわと考えていたところに、スプラトゥーンモデルのNintendo Switchが発売されるという話を聞く。
曖昧な気持ちだったけれど、ウェブサイトに大きく表示されたスプラトゥーンの絵と「予約受付中」という文字を見ると、やたらと心が踊る自分がいた。

予約、できるんだ…?

そう思いながらAmazonやヨドバシの予約ページを見てみると、軒並み「予約台数は終了しました」と表示される。

……あれっ、さっき予約受付中って出てたんだけどな。

わけのわからないまま、Twitterなんかで検索してみる。ネットストアの在庫は瞬殺、店舗ならもしかしたら残っているかも、とのことだった。
ダメ元で近所のヨドバシに行ってみるも、当然予約の受け付けは終わっていた。
なんとなく、ゲームの予約って予約された量だけ作るようなモデルだと思ってたんだけれど、どうやらそうではないらしい。
なんならSwitch単体で買うことすら難しい。
この「買えないし、予約しようと思っても簡単には予約できない。」という体験をした時点で、購買欲に完全に火が付いた。絶対に買うぞという気持ちに燃え上がったのだった。

…あれ、おかしいぞ…? ちょっと在庫見てみただけだったのに…?


それから、ヨドバシ・ドット・コムのSwitchの在庫ページをお気に入りに入れて、毎日3回ほど見る日々が始まる。
いつ見ても「在庫切れ」の表示は変わらない。
そんな話を同僚としていると、5月25日に注文を受け付けるという話を聞いた。
なんでも昼の12時代に受付開始されることが多くて、一度始まると数十分で売れてしまうとのこと。
焦る気持ちで、12時から5分おきにリマインドする狂ったアラームを設定した。

f:id:yulily100:20170607003806p:plain


11:00くらいからソワソワとしながらニンテンドーストアを⌘Rしはじめる。
11:20 まだだ
11:40 まだだ…
12:00 ついにこれからだ……
5分おきに見に行く。ある時間から繋がりにくくなった。いよいよか。
はやる気持ちと、緊張感と、手に汗を握る感じと。
そして⌘Rを連打してた12:30頃、「SOLD OUT」になっていた部分が「在庫あり」に変わる。
つつつつついに…!
いよいよか…!
いよいよ買えるのか…!
どきどきしながらも慎重にコントローラーの色のカスタマイズを選ぶ。左が青で右が黒。ここでミスったらきっと買えないだろうから。
そして、いつアクセスが多すぎてエラーになるんじゃないかとヒヤヒヤしながらも「注文」ボタンを押す。

できた…!

これで…これでswitchが家に届くのか…!
そのあと少しして在庫を見てみると、再び「SOLD OUT」になっていた。
あとからわかった話だと、注文を受け付けていたのは6分間だけだったらしい。6分って…。
予約ってこんな、人気バンドのライブチケットみたいなエクストリームなスポーツだったの……。
これがゲーム……。



そして数日後にSwitchが手元に届く。
曖昧な記憶の中では、ごちゃごちゃとした配線をがんばってつなぐとできるイメージだったけど、当たり前のようにシュッとしたHDMIケーブルが入っていた。
そして説明書を探すが見つからない。
わけもわからないままSwitchの電源を入れてみると、繋ぎ方の指示が表示されて、それに従えば設定ができた。
そう、時代は2017年なのだった。

とりあえず何か遊んでみたくて、ストリートファイター2を買ってみる。
6月16日発売のARMSを買おうと思っていたので、発売日までの間に二人でサクッとできそうなものがいいなと思って。
ちょっと遊んでみて、格闘ゲームの「コマンド」という概念をようやく理解した。
スト2もスマッシュブラザーズも適当にジャンプと攻撃をして負けまくるゲームじゃなかったのね…。

それから限定的に配信されていたARMSの体験会。
日曜の朝と夜の2時間分をみっちりと遊ぶ。めちゃめちゃ楽しい……早く欲しい……。
あまり意識していなかったけど、ARMSめちゃめちゃ格ゲーやないかい!!!思い切りスト2と被っとるやんけ!!!!!
ARMSをやったあとにスト2をやると、コマンドを覚えて正確に入力するというのが完全にかったるくなっていた。
うーん、これは完全に失敗しましたね。マリオーカートとか買えばよかったね…。

そんな感じでわたしの20年ぶりのゲーム体験が始まったのだった。
前々から注文してたソファも同じタイミングで届いて、ゲームをする体制も完璧。幸先いいね!
はー、ARMSもスプラトゥーンも待ち遠しいぞ!